腎臓病の症状はわかりにくい【忍び寄る病気に敏感になれ】

men

腎臓疾病対策

腎臓は浄化機能の臓器

和食

腎臓は、身体の浄化機能を司る大切な臓器故に片方が機能しなくなってももう片方で処理できるように二つ存在している。その機能の大切な用件は、生命活動の過程で出来る血液中の体の毒素を取り除き、血液を浄化する事にある。腎臓病は、この血液の浄化作用が低下し、場合によっては機能しなくなる病気である。腎臓病の症状の特徴としては、毒素が蓄積して行く事による体全体のむくみである。腎臓病による機能低下の対策としては、腎臓への負担を軽減して行く目的での食事の制約がある。蛋白質の摂取を控え、バナナ等カリウムの含有量の多い生の果物を控える事がその代表にある。腎臓病が悪化して、体の毒素の浄化機能が出来なくなると、血液中の毒素を人工的に取り除く透析と言う医療行為を定期的に受ける必要が出てくる。

食生活改善のポイント

腎臓病での注意すべき対策は、腎臓に負担をかけない食生活の改善が第一となる。腎臓病対策として、医療機関より、食材の制約の一覧表のようなものが示されるが、ありとあらゆる食材の中から、素人が選択し調理して行く事は至難の業であり、病院食を取り扱う専門業者に依頼する事が賢明である。医療機関からの毒素の取り除きをサポートする薬と食生活の改善を併用して行く事が賢明なる対処法と言える。果物類でも缶詰等熱処理加工したものは、腎臓への負担が少なくなるので、調理の仕方によって、味にも工夫を凝らす事は可能なので専門業者に任せるのが一番である。悪化させて、透析が必修となると、週3回は病院に通い、長時間の透析治療が必要となり、その負担と辛さを考えれば日常の食生活の改善は大きい。