腎臓病の症状はわかりにくい【忍び寄る病気に敏感になれ】

men

早期治療を受ける事が重要

糖尿病の方の合併症

healthy men

腎臓病の種類はいくつかあります。急性腎不全は、急激な腎機能の低下から起こります。また急性腎炎は腎臓の糸球体の中が炎症を起こしている状態です。いずれも早期発見が出来て、治療を受けることになれば治癒率はかなり高いです。それに対して、慢性腎不全は機能が低下してしまった腎臓病なので、なかなか機能の回復が難しいといわれています。また慢性腎炎は急性腎炎が長引いてしまっている状態です。いずれも早期発見をすることにより、それ以上悪化させないことが可能になります。必ず健康診断を受けましょう。そのほか、糖尿病性腎症という病気もあります。これは糖尿病の方が併発しやすい腎臓病です。実は腎臓病になる患者さんの4割が糖尿病の方といわれています。

メタボリック症候群の改善

腎臓病の中でも、元の状態に戻すことが難しい慢性腎不全の治療は、進行を遅らせることが目的となります。進行性の病気なので、早期治療が大切になります。早期治療にはやはり定期的な検査が大切です。そのため早期発見には尿検査が有効です。この検査は尿の中に、タンパク質などが出ていないかを調べます。そのほか、血液検査でクレアチニンの値もチェックします。会社に勤めている方は健康診断で年に1回くらいは、受けたことがあるかと思います。そういった機会のない方は、医療機関に出向いて検査を受けるようにしましょう。また、慢性腎不全になりやすい方はどんな傾向があるのでしょうか。それはおもに、加齢やメタボリック症候群です。糖尿病だけでなく、肥満傾向にある方、高血圧の方はまずそこから改善していくのが良いでしょう。